こんにちは。

tANDt の西村です。

今回は前回のブログの続きで身体を温める肉類や魚介類について書きたいと思います。

まず肉は胃腸の働きを良くし、筋肉を強くし、排尿を促し、むくみを取るといわれています。

中でも牛肉は、必須アミノ酸を豊富に含む良質なたんぱく質源で、胃腸を丈夫にして消化吸収を高める働きがあります。

また、からだを温める作用が非常に強いので、陰性体質の人は積極的に肉を食べるようにすると、虚弱体質が改善されます。

鶏肉は、低脂肪で、からだを温め、牛肉と豚肉の10倍ものビタミンンAを含みます。

特にささみは高たんぱく質で、脂肪分が少ないのでダイエットをしている方や筋トレをしている方には非常におすすめなお肉です。

動物性でからだを温める豚肉は、ビタミンB群が豊富で、特にビタミンB1が牛肉の約10倍も含んでいます。

ビタミンB1は炭水化物や糖質を分解し、効率的にエネルギーに変える働きがあります。

また、豚肉には血を作るビタミンとして有名なビタミンB12も豊富に含み、脳内を働きを活性させます。

次に魚介類です。

ピンク色の身をしているサケは、からだを引き締め、温める効果のある陽性食品です。

漢方では、胃腸を温め消化吸収を促進し気力を補う魚として有名で、昔から薬食いと呼ばれ、風邪予防の食材として親しまれています。

鮭の赤い身はアスタキサンチンという天然色素によるものです。

アスタキサンチンはビタミンE、βカロテン、リコピンなどの脂溶性抗酸化物質の中で一番酸化力がある部分です。

これらの抗酸化物質が活性酸素を除去し、老化を防いでくれます。

また、さけは捨てるところがないといわれるほど栄養効果が豊富で、頭には成長ホルモンや肝細胞の再生を促すタウリン、脂肪には動脈硬化を予防するEPAや脳を活性化させるDHA、皮には美肌効果のあるコラーゲンを含まれています。

さらに身にはビタミンD、アミノ酸のほか、ビタミンB2、B6が豊富に含まれています。

サケの皮の下には、DHAとEPAがもっとも多く含まれ、皮にはコラーゲンがたっぷりと含まれているので、ぜひ皮まで一緒に食べてしまいましょう。

さば

さばは、背中が青光して弾力のあるものが新鮮で、寒くなるにつれて脂肪分とアミノ酸の量が増えておいしくなります。

さばの脂は、血栓や動脈硬化を防ぐEPSと脳を活性させるDHAが豊富に含まれ、生活習慣病を予防してくれます。

そのほか、自律神経を調整し、肝機能を強化するタウリンの含有量は、魚の中でTOPクラス。

また、高血圧を予防するカリウム、骨を強化するビタミンD、貧血を予防する鉄分なども豊富に含まれます。

マグロ

昼も夜も平均時速100キロで回遊するまぐろは、DHA、EPAの含有量は魚の中でも群を抜いています。

脂肪分1%というさっぱりとした味の赤身には鉄が多く、良質なたんぱく質を含みます。

血合いにはコレステロール低下と肝機能を強化するタウリンが豊富に含まれています。

また、脂ののったトロは、血栓や動脈硬化予防、若返り効果があり、血中の余分な脂肪を減少させ、脳細胞を活性化するDHAを豊富に含んでいます。

かつお

一生休むことなく泳ぎ続けるかつおは、効率的に血液を循環させて血行をよくする驚くべきチカラを持っています。

かつおを食べると、貧血予防、消化吸収力アップ、持続力アップ、疲労物質の除去などが期待できます。

かつおは、体全体の約1/4がたんぱく質で、肉以上に多く含まれていて、特に血合い部分に含まれている鉄分の量はレバーに匹敵するそうです。

冷えからくる頭痛、肩こりなどを改善し、血液循環を助けて肌も髪も艶やかにしてくれます。

また、不眠症改善に役立つナイアシン、骨粗しょう症を予防するビタミンDも豊富に含まれています。

かつお昆布だしには、かつおのうま味成分のもととなるイノシン酸と、昆布に含まれているグルタミン酸との相乗効果で若返り効果があります。

あさり

あさりは、体内の余分な熱やほてりをとり、イライラを鎮めて精神を安定させます。

お酒を飲みすぎるとあさり汁がいいというのは有名で、その効果をもたらしているのが、肝臓を強化するタウリンとビタミンB12です。

また、糖分の代謝を促すコハク酸を多く含み、血糖値を正常にする効果も期待できます。

低脂肪で、良質なたんぱく質と鉄も多く含むため、冷え性の改善に効果的です。

 

わかめや昆布などの海藻類

これらの海藻類は、血行をよくし余分な水分を排せつするからだを温める陽性の食べ物です。

ビタミン・ミネラルの含有量は、野菜よりもはるかに含まれています。

また、海藻類にはぬめり成分のアルギン酸とフコイダンが豊富に含まれていて、余分な塩分の排せつを促し、コレステロールを低下させ、便秘、高血圧、動脈硬化の予防に効果があります。

足が攣ったりする原因の1つにミネラル不足が挙げられますので、トレーニング中や寝ている時に足を攣りやすい方は積極的に食べるようにして下さい。

その他の食材

納豆

発酵食品の代表格である納豆は、脳卒中、心疾患、がん、ボケ、骨粗しょう症、そして糖尿病などすべてを予防するパワフルな食べ物です。

納豆に入っている納豆菌は高温でも氷の中でも生き続ける強い菌で、納豆1パックに1000億個の納豆菌が含まれています。

腸内の悪玉菌や病原菌を殺し、下痢や便秘を解消します。

さらに納豆は発酵の過程でさまざまな酵素が生み出されています。

その一つに、SODという活性酸素を除去する酵素があります。

また、血栓を溶かして血液をサラサラにする溶解酵素、でんぷん、たんぱく質、脂肪、食物繊維を分解する酵素も作られます。

これらの強力な酵素は、食事でとりいれた栄養素を吸収しやすいかたちに分解して腸内環境を整えます。

その結果、代謝が向上して免疫力もアップします。

チーズ

チーズは、乳を乳酸菌や酵素の働きで固めて水分を除いた食品です。

牛乳はからだを冷やしますが、チーズはからだを温める陽性食品です。

チーズ1かけ(約20g)の栄養価は、牛乳200gに匹敵し、たんぱく質、カルシウム、ビタミンA、ビタミンB1、B2、鉄、マグネシウムといった多種多様な成分が凝縮されています。

今は寒い季節なのでこのような食材を摂る事で体調管理やトレーニングの際の食事にも繋がりますので、意識して食べるように頑張ってください。

トレーニングもですが、食事をどれだけ頑張れるかで理想の体型になれるのがどうかは決まって来ます。

tANDt では体験トレーニングを3240円で受け付けております。

大注目トレーニングのviprを始め、会員様方に人気の高いトレーニングで皆様の身体を変えて行きます。

最近は会員様がどんどん増えていますので、予約は早めに取るように宜しくお願いします。

tANDt では自分のスケジュールがわかっている範囲であればコース回数分先に予約を取る事ができます。

自分が快適に1日を過ごす為にもお早めのご予約をお願いします。

 

 

東急田園都市線駒沢大学駅徒歩1分
東急田園都市線渋谷駅から電車で7分
東急田園都市線二子玉川駅から電車で6分
東急田園都市線三軒茶屋駅から電車で2分

パーソナルトレーニングスタジオ
tandt (ティーアンドティー)
154-0012
東京都世田谷区駒沢2-6-2
I-TOWER 4F
03-6450-8062

新規会員様募集中
代謝アップ、脂肪燃焼、MVPベルト
セミプライベート、筋トレ
パーソナルトレーニング、姿勢改善
ファンクショナルトレーニング
ストレングストレーニング
成長ホルモン増加、全身運動
スタイルアップ、