こんにちは。

tANDt の西村です。

雨と雪がきましたね。

あまり降らなくて、積もらなかったので良かったです。

最近はインフルエンザが流行りで学級閉鎖する学校も多いみたいなので、気をつけてください。

今回は何故風邪やインフルエンザに冬はなりやすいのかと、予防できるオススメの食べ物を書いていきたいと思います。

まず何故冬になると風邪やインフルエンザになりやすいのか?

風邪もインフルエンザも、ウイルスの感染によって起こります。

そして冬場に風邪やインフルエンザが増える原因はウイルス側とヒト側、双方にあります。

まずはウイルス側について。

日本の冬は低温と乾燥が同時に起こりますが、風邪のウイルスもインフルエンザのウイルスも低温と乾燥に強いため、感染力が高くなります。

ウイルスはホコリなどにくっついて移動しますが、乾燥するとホコリが舞い上がりやすくなるので、ウイルスに感染する機会も増えます。

次にヒト側について。

低温で乾燥した環境では、のどや鼻の粘膜が乾燥しやすくなり、抵抗力が下がります。

加えて寒冷刺激によって鼻水が出やすくなりますが、鼻水は粘着力が強く、ホコリなどについたウイルスが付着しやすくなります。

その結果、風邪やインフルエンザに罹りやすくなります。

予防策は?

低温と乾燥を避けるために、室内では暖房を適度に使い、加湿器で空気が乾きすぎないようにしてください。

加湿器がないときは、お湯を張った湯船の蒸気で室内が乾燥しすぎないように工夫します。

風邪をひいたら湯船に入ってはダメといわれることがありますが、入浴は血行を良くして免疫力を高めてくれます。

ただしお湯が熱すぎると湯冷めしやすいので、風邪気味のときはややぬるめのお湯(38~40℃)でじっくり温まり、お風呂から出たら保温して湯冷めしないように気をつけてください。

次に食生活で予防するコツです。

風邪やインフルエンザを予防するには、ウイルスなどの外敵からからだを守る免疫力を高めておくことが有効です。

そのためには栄養バランスの取れた食事をすることが基本ですが、なかでも不足しないように気をつけたいのはタンパク質とビタミンです。

タンパク質はのどや鼻の粘膜を作る材料です。

そしてタンパク質は20種類のアミノ酸からなりますが、タンパク質からのアミノ酸の摂取は免疫力の強化につながります。

たとえば、鶏肉などの肉類や大豆・大豆食品に多く含まれるシスチンというアミノ酸は、体内でグルタチオンという物質の原料となります。

グルタチオンは免疫を担う細胞の機能低下を防ぎ、免疫力アップに役立ちます。

水炊きのように鶏肉を使った鍋は、タンパク質とシスチン、それに野菜なども一緒に摂れて手軽ですし、からだも内側からぽかぽかに温まりますから、おすすめです。

最後はおじやにして食べると食材の栄養が丸ごと摂取できます。
シスチン以外にも、緑茶などに含まれるテアニンというアミノ酸もグルタチオンの原料となります。

テアニンはうま味のもとで、玉露のようにうま味の強い緑茶に多く含まれています。

 

ビタミンでは、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEが大切。

いずれも体内で発生する有害な活性酸素の働きを防ぐ抗酸化作用があり、グルタチオンと同じように免疫細胞の機能低下を防ぎます。

ビタミンAにはのどや鼻などの粘膜の機能を高める働きもあります。

ビタミンAはウナギ、レバー、ニンジン、カボチャ、ビタミンCは果物や緑黄色野菜、ビタミンEはカボチャ、アーモンド、鮭などに豊富です。

血液循環が悪くなると免疫力の低下につながりますから、ショウガや唐辛子のように血液循環を高めるハーブやスパイスを取り入れることも有効です。

オススメ食材。

ビタミンを摂取するならみかん、きんかん、レモン、グレープフルーツなどの柑橘類がオススメです。

バランス良く摂るなら?

たまご

粘膜を保護するβカロテン、良質なたんぱく質、鉄、ビタミンB1などを含む。

風邪で消耗しがちな栄養を補うのにもぴったりの食材です。

納豆

栄養化の高さで知られる納豆もやはりおすすめ。

たんぱく質、ビタミン、マグネシウム、鉄、食物繊維などを含みます。

さらに、納豆に含まれる納豆菌が腸の乳酸菌を増やす効果があります。

乳酸菌にはNK細胞という免疫細胞を増やす働きがあることが知られており、納豆がその働きを助けます。

朝ご飯に納豆ご飯を食べれれば栄養素の面ではベストですが、食べれない場合はこのブログや以前のブログを参考に食事を食べて頂ければと思います。

しっかり食べて、しっかり運動をしていれば風邪に負けない強い身体を作る事は可能です。

頑張ってトレーニングしていきましょう!

tANDt では体験トレーニングを3240円で受け付けております。

今注目のviprなどのトレーニングで身体を変えていきます。

予約枠には限りがありますのでお早めのご予約をお願いします。

 

東急田園都市線駒沢大学駅徒歩1分
東急田園都市線渋谷駅から電車で7分
東急田園都市線二子玉川駅から電車で6分
東急田園都市線三軒茶屋駅から電車で2分

パーソナルトレーニングスタジオ
tandt (ティーアンドティー)
154-0012
東京都世田谷区駒沢2-6-2
I-TOWER 4F
03-6450-8062

新規会員様募集中
代謝アップ、脂肪燃焼、MVPベルト
セミプライベート、筋トレ
パーソナルトレーニング、姿勢改善
ファンクショナルトレーニング
ストレングストレーニング
成長ホルモン増加、全身運動
スタイルアップ、