こんにちは。

tANDt の西村です。

今回は女性が間違えて覚えてしまいやすい筋トレの知識を書いていきます。

1 筋トレで痩せると考える

筋トレしても痩せません。

筋トレにできることは、体に対して「筋肉が必要」との信号を与えることだけです。

体重を減らすためには、消費カロリー>摂取カロリーにもっていく必要があります。

カロリー不足(エネルギー不足)で、体を分解してエネルギーを補うから体重が減ります。

しかし、そこでは脂肪燃焼がメインとなるものの筋肉の分解も避けられません。

 

そして、カロリー不足で脂肪と共に筋肉も減っていくのを避けられない状況の中で、「筋肉が必要」との信号を体に与え、できる限り筋肉を維持し体脂肪率を下げて、締まったスリムな体にすることが、ダイエッターが筋トレを行う目的です。

筋トレで痩せるのではなく、筋トレで体脂肪率を下げるのです。

したがって、筋トレによる消費カロリーも当然ありますが、食事管理でカロリー不足の状況を作り出し、体重が減少していく環境を作り出していることが筋トレをする前提です。

筋トレをすると、筋トレ後の寝ている時でさえカロリーを消費するといった情報があります。それは間違っていませんし、それも筋トレの大きな利点の一つです。

しかし、それほど大きな消費カロリーにはなりません。

消費カロリーを増やすのであれば、有酸素運動もありです。

しかし、有酸素運動では減っていく筋肉を食い止めることはできません。

そこで、筋トレをして、筋肉を維持しつつ脂肪を減らし、体脂肪率の低い締まったスリムな体を目指すのです。

あくまで体重減少ではなく、体脂肪率減少を狙って筋トレをするという点を理解する必要があります。

2 食事管理をしない

上で説明したように、筋トレをする目的は体重減少ではなく、体脂肪率減少です。
したがって、そもそも体重が減少する状況になっていなくてはいけませんから、摂取カロリーをコントロールして消費カロリー以下にもっていくのは必須です。

また、筋トレの目的である体脂肪率減少の観点から食事管理は非常に重要です。

炭水化物、タンパク質、脂肪の三大栄養素はいずれも最終的にはエネルギーになりますが、基本的に炭水化物はエネルギー源、たんぱく質は筋肉の材料、脂肪は体脂肪になります。

筋トレで筋肉を維持すると言っても材料となるたんぱく質が不足していては、筋肉を維持できません。

また、脂肪は基本的に体脂肪にしかなりませんから、体脂肪率を減らすと言っても脂肪を取り過ぎては、体脂肪率は減少しません。

また、炭水化物を減らしすぎれば、代謝は遅くなり、効率的に脂肪燃焼できません。

つまり、筋トレダイエットをするのであれば、トータルカロリーをコントロールしながらも、炭水化物、たんぱく質、脂肪のバランスをしっかりとコントロールする必要があります。

私たちは私たちの食べたものでできています。口から入れるものの比率を適正にしない限り、どれだけハードに運動しても望んでいる体組成にはなりません。

筋トレをするのであれば食事管理は必須です。

 

3 部分痩せする。

残念ながら、筋トレで部分痩せはできません。特定部位の筋肉を鍛えたからといって、その部位の脂肪は燃えません。

何のつながりもありません。

また、ジョギングやウォーキングが体全体を使うのに対して、特定部位のみ動かす筋トレは特定の筋肉しか使わないため、その消費カロリーは非常に小さいです。

つまり、とても脂肪を燃焼させるような消費カロリーにはなりません。

いくら腹筋をしてもお腹の脂肪は燃えませんし、どれだけ腕の筋トレをしても腕の脂肪は燃えません。

ダイエッターが筋トレをする目的は、減っていく筋肉をできる限り維持することですから、特定部位に偏るのではなく、全身を万遍なく鍛える必要があります。

ラスト

特定の部分の筋トレをしない。

脚が太くなるのが嫌だと言って下半身の筋トレをしない人がいます。

肩幅が広がるのが嫌だと言って肩の筋トレをしない人もいます。
まず、カロリー不足の状況にある限り絶対に筋肉は増えませんし、ムキムキになったりはしません。

ムキムキになるのはそんな簡単な話ではありませんし、朝起きたらムキムキになっていたというような急激の変化は起きません。

ダイエッターが筋トレをする理由は、全身の筋肉をできる限り維持することです。

また、筋トレをすることで、カロリー不足の状況においても、できる限り代謝を活性化して、脂肪を燃やすということです。

したがって、大事なことは基本種目を中心として、全身を刺激することです。

体の大きい筋肉から順番に刺激していくのが一番効率的です。

人間の体は一つのシステムですから、特定の部位だけ鍛えるとその部位だけ発達するといった都合の良いことは起きません。

下半身には人間の筋肉の半分以上があります。もし下半身の筋トレをしていないのであれば、どれだけ上半身の筋トレを熱心にやったとしても、体としては半分以下の刺激しか受けていないのですから、体の反応は小さく、また、代謝の活性化もほとんど起きません。

カロリー不足の状況にさえなっていれば、ムキムキにはなりませんから、大きい筋肉を中心として全身を鍛える必要があります。

筋トレをする目的はいろいろありますが、生理学的には、体に対して「筋肉が必要だ」という信号を送ることですから、女性だろうが男性だろうが、ダイエットが目的だろうがムキムキの体が目的だろうが、やるべきことは同じです。

その結果、締まったスリムな体になるのか、ムキムキになるのかは食事内容で決まります。

その食事内容がわからない場合はいつでも質問してください。

tANDt では個人個人のペースに合った筋トレ、食事で身体を変えていきます。

tANDt の筋トレに興味がある方は一度ご連絡ください。

 

宜しくお願いします。

 

東急田園都市線駒沢大学駅徒歩1分
東急田園都市線渋谷駅から電車で7分
東急田園都市線二子玉川駅から電車で6分
東急田園都市線三軒茶屋駅から電車で2分

パーソナルトレーニングスタジオ
tandt (ティーアンドティー)
154-0012
東京都世田谷区駒沢2-6-2
I-TOWER 4F
03-6450-8062

新規会員様募集中
代謝アップ、脂肪燃焼、MVPベルト
セミプライベート、筋トレ
パーソナルトレーニング、姿勢改善
ファンクショナルトレーニング
ストレングストレーニング
成長ホルモン増加、全身運動
スタイルアップ、