こんにちは。

tANDt の西村です。

天気予報を見る限り日曜までは暖かそうですね。

この気温差なので、会員様も厚着し過ぎて大変そうでした。

暖かい方が身体も動くしトレーニングにはバッチリです!

その分水分補給はこまめにしてください!

そこで今回は水分補給について書いていきたいと思います。

 

まず人間の体の約60~70%は水分でできており、筋肉にもたくさんの水分が含まれています。
水分は体の約60%を占めており、栄養素の運搬や体温調節、体のミネラルバランスを調整するなど重要な役割を担っています。

成人が一日で必要な量はおよそ2000ml~2500mlといわれており、不足すると脱水症状を引き起こし、ひどい場合には熱中症になってしまう可能性もあります。

また、筋肉へ栄養分を運んだり、老廃物を排出する血液も、およそ90%が水分であり、筋肉に与えるお水の影響はとても大きいことがわかります。

水分不足のままトレーニングを行うと、筋肉増強の効果も小さくなることがわかっています。

 

さらに、トレーニング後に分泌される乳酸の排出にも水分が大切で、身体に十分な水分があれば、血液が乳酸を効率よく運ぶことができ、疲労回復が早まったり、筋肉痛が緩和されたりすることが期待できます。

このように、筋肉とお水には密接な関係があり、しっかりと水分補給を行ったうえでトレーニングを行うことが大切と言えるでしょう。

 

次に筋トレ中の水分補給のタイミングですが、喉が渇くと感じる前に飲むことが非常に重要です。

喉が渇くということは、すでに体内から約2%以上の水分が失われているというサインであり、脱水に近い状態になっていますので、喉が渇く前にあらかじめ水分補給をしておきましょう。

水分補給の量や頻度ですが、1回の量はコップ1杯程度(150~250ml)にし、運動強度や気温、汗の量にもよりますが、10~15分ごとに1回程度の割合で水分補給を行います。

一度に大量のお水を飲むと効率よく体内に吸収されず、お腹の中に残ってしまうので、少しずつ区切って水分補給を行うのが効果的です。

温度は低めの方が体内に素早く吸収されますので、冷たいお水やドリンクがおすすめです。

 

筋トレ中に飲んだ方が良い飲み物です。

筋トレ中の水分補給飲料は、お水かスポーツドリンクがおすすめですが、スポーツドリンクは体に必要な栄養素が含まれているものの、糖分やカロリーも多いため、大量摂取すると太る原因にもなります。

スポーツドリンクで水分補給をする場合は粉末タイプのものを規定量より薄めて使用するとよいでしょう。

お水はカロリーもなく筋トレの水分補給には最適と言えます。

必要な栄養素は食事などで補うようにし、筋トレの水分補給はできるだけお水だけを飲むようにしましょう。

 

東急田園都市線駒沢大学駅徒歩1分
東急田園都市線渋谷駅から電車で7分
東急田園都市線二子玉川駅から電車で6分
東急田園都市線三軒茶屋駅から電車で2分

パーソナルトレーニングスタジオ
tandt (ティーアンドティー)
154-0012
東京都世田谷区駒沢2-6-2
I-TOWER 4F
03-6450-8062

新規会員様募集中
代謝アップ、脂肪燃焼、MVPベルト
セミプライベート、筋トレ
パーソナルトレーニング、姿勢改善
ファンクショナルトレーニング
ストレングストレーニング
成長ホルモン増加、全身運動
スタイルアップ、

 

iPhoneから送信