こんにちは。

tANDt の西村です。

今回は水などの飲み物に入っているミネラルについて書いていきたいと思います。

まず、ミネラル(無機質ともいいます)には、カルシウム、鉄、ナトリウムなどがあります。

必要な量は少ないのですが、人の体の中では作ることができないので、食べ物からとる必要があります。

ミネラルは、骨などの体の組織を構成したり、体の調子を整えたりする働きがあります。

地球上に存在する元素のうち、水素、炭素、窒素、酸素を除いたものをミネラルといいます。

およそ100種類ある元素の中で、人の体の中に存在し、栄養素として欠かせないことがわかっているミネラルとして、現在16種類(ナトリウム、マグネシウム、リン、イオウ、塩素、カリウム、カルシウム、クロム、マンガン、鉄、コバルト、銅、亜鉛、セレン、モリブデン、ヨウ素)が知られています。

そのうち厚生労働省が摂取基準を決めているのは、イオウ・塩素・コバルトを除く13種類です。

 

ではどのくらい摂ればいいのか?

ミネラルは、多すぎても少なすぎても健康によくありません。

体に必要な量はミネラルの種類によって異なります。

 

不足しやすいもの

カルシウム
不足すると骨粗しょう症になる可能性があります。


不足すると貧血をおこす可能性があります。

摂りすぎが心配なもの

ナトリウム
とりすぎると高血圧や脳卒中などの生活習慣病の原因になります。

 

ミネラルの種類と多く含む食品。

ナトリウム

食塩、醤油

 

マグネシウム

豆類、種実類、海藻類、魚介類

 

リン

魚介類、牛乳・乳製品、豆類、肉類

 

カリウム

果物、野菜、芋、豆類、干物

 

カルシウム

牛乳・乳製品、小魚、海藻類、大豆製品、緑黄色野菜

 

クロム

魚介類、肉類、卵、チーズ、穀類、海藻類

 

マンガン

穀類、豆類、種実類、小魚、豆類

 

海藻類、貝類、レバー、緑黄色野菜

 

レバー、魚介類、種実類、豆類、ココア

 

亜鉛

魚介類、肉類、穀類、種実類

 

セレン

魚介類、肉類、卵

 

モリブデン

豆類、穀類、レバー

 

ヨウ素

海藻類、魚介類

 

ミネラルは、体の中では合成されないので、毎日の食事からとる必要があります。

しかし、吸収されにくかったり、他の成分によって吸収を妨げられたりすることがあります。

また、体内に貯蔵できないものも多いのです。

一方、ミネラルの吸収を助ける働きをするものもあり、カルシウムやリンはビタミンDによって、鉄はビタミンCによって吸収が高められます。

ミネラル不足の方は上記の例を参考に摂って頂ければと思います。

但し摂りすぎる場合身体に異常をきたすものもありますのであくまでも摂りすぎには注意です。

 

今回はここで終わります。

引き続き3240円で体験トレーニングを受け付けておりますので、身体を変えたい方はお早めのご予約をお願いします。

 

東急田園都市線駒沢大学駅徒歩1分
東急田園都市線渋谷駅から電車で7分
東急田園都市線二子玉川駅から電車で6分
東急田園都市線三軒茶屋駅から電車で2分

パーソナルトレーニングスタジオ
tandt (ティーアンドティー)
154-0012
東京都世田谷区駒沢2-6-2
I-TOWER 4F
03-6450-8062

新規会員様募集中
代謝アップ、脂肪燃焼、MVPベルト
セミプライベート、筋トレ
パーソナルトレーニング、姿勢改善
ファンクショナルトレーニング
ストレングストレーニング
成長ホルモン増加、全身運動
スタイルアップ、

 

 

iPhoneから送信