こんにちは。

tANDt の西村です。

今回は下半身の代表的なトレーニングでもあるスクワットがなぜ痩せるダイエットに繋がるのかを書いていきます。

スクワットが痩せるためにも優れた種目であるとされる一つの理由が、筋肉量増加に関しての効率性。

スクワットは「筋トレの王様」とも呼ばれることがあるほど、実は筋肉増強効果に優れており、下半身を中心に全身の筋肉を刺激していくことが出来る筋トレ種目です。

下半身には、複合筋として人体で最大の筋肉と言われる太もも前面の大腿四頭筋を始め、単一の筋肉としては最大の体積を誇る大臀筋、また、最大ではないにしろ十分に大きなハムストリングや内転筋群など、非常に大きな筋肉が集まっています。

そのため、スクワットを行うことは、他の小さな筋肉が集まる部位をターゲットにした筋トレ種目に取り組むより、圧倒的に効率よく筋肉量を増やしていけると考えることが出来る。

そして、筋肉量が増えればその分基礎代謝は高まることになるため、スクワットに取り組むことは太りにくい体作りに効果的であり、これが、スクワットは痩せる上で有効だとされる一つの理由になるかと思います。

次にアナボリックホルモンの分泌。

アナボリックホルモンとは、成長ホルモンやテストステロンなど、筋肉の増強を促す作用を持つホルモンのこと。

このアナボリックホルモンは、筋肉の成長を促すことでダイエット向きな体を作っていくためにも大切であるのに加え、体脂肪の燃焼も促進するという作用も持っており、痩せる上では直接的な影響を与えていきます。

そして、動員される筋肉量が非常に大きなスクワットに取り組むということは、以下の理由からアナボリックホルモンの分泌を促すことになり、ダイエットを目指す上では効果的な筋トレ種目であると言ます。

動員する筋肉が多いため、一度により大きな力を出せる→負荷が掛かる筋肉の範囲が広い

大きな力を出せるため、より高重量を挙上出来る→筋肉へ大きな負荷を掛けられる

大きな負荷を多くの筋肉へ掛けていくとアナボリックホルモンの分泌が促される。

このように、スクワットに取り組んだ結果、多く分泌された成長ホルモンやテストステロンが、スクワットのダイエット効果を語る上で一つの鍵になってきます。

ちなみに、アナボリックホルモンの分泌が高まると、スクワットで直接的に刺激した下半身の筋肉群以外に、他の部位(腕など)の筋肉へ間接的にでも影響を与え、全身の筋肉の増強を大なり小なり促していくといった作用も持っています。

スクワットは、基本的な自重で行う自重スクワット以外にも、バーベルを担いで行うものからダンベルを利用して行うもの、またはマシンを利用して行うものなど様々な種類があるのが特徴。

この、スクワットの「応用性」という点も、「痩せる」または「ダイエット」目的を考えた場合には、有効活用していきたいポイント。

まず、スクワットの種類によっては非常に大きな高重量を扱えるため、痩せる体を作る上で大切な筋肉量を増加していく上で非常に重宝します。

また、自重スクワットやスクワットジャンプなどは、スクワット種目の中でも動作を比較的高回数(または長時間)続けやすく、拍動(心臓のポンプ作用)を高めることになる。

結果、有酸素運動としての効果を出していくことにもなり、心肺機能や持久力の強化だけでなく、運動自体でも多少の脂肪燃焼効果を期待していけるようになると言えます。

スクワットを継続していくことは、上に示した筋肉増量に関する効果と、体脂肪燃焼の効果により、長期視点で考えていった場合、太りにくい体を作りながら痩せる目標へ近づいていけると言えます。

しかし、ここで注意しておきたいのが、スクワットだけに頼るのはNGだという点。

確かに、スクワットへ一生懸命取り組めば、基礎代謝を高めたり脂肪燃焼につながってきますが、それ以上に大切なのが食事管理。

太るというのは、体の代謝に関して何かしらの疾患がない場合、ほぼ確実に摂取カロリーが消費カロリーを上回っているのが原因。

逆に言えば、「摂取カロリー < 消費カロリー」のカロリー収支を作っていけば、体は自然と痩せていくことになります。

そのため、痩せることを目的とするのであれば、第一に食事管理を徹底しながら、同時にスクワットへ取り組んでいき、筋肉量を維持(可能であれば増やす)して基礎代謝を高めたまま痩せていき、リバウンドしない体を作っていくようにするのが大切です。

その上で、たまに有酸素運動なども加えていけば、スクワットが持つダイエットに良い利点を活かしながら、健康的にかつ効率的に痩せていけるようになります。

基礎代謝を上げて痩せやすく、リバウンドしにくい身体を作るためには身体全体の筋肉量を上げるしかないので、上半身だけや下半身だけのトレーニングではなく、全体的に鍛えていきましょう。

体験トレーニングを3240円で受け付けております。

トレーニングをした事のない方でも、筋トレの方法、食事指導を含めて身体を変えていきます。

ご希望の方はご連絡ください。

今回はここで終わります。

 

東急田園都市線駒沢大学駅徒歩1分
東急田園都市線渋谷駅から電車で7分
東急田園都市線二子玉川駅から電車で6分
東急田園都市線三軒茶屋駅から電車で2分

パーソナルトレーニングスタジオ
tandt (ティーアンドティー)
154-0012
東京都世田谷区駒沢2-6-2
I-TOWER 4F
03-6450-8062

新規会員様募集中
代謝アップ、脂肪燃焼、MVPベルト
セミプライベート、筋トレ
パーソナルトレーニング、姿勢改善
ファンクショナルトレーニング
ストレングストレーニング
成長ホルモン増加、全身運動
スタイルアップ、ダイエット

食事指導、個室、徒歩1分