こんにちは。

tANDt の西村です。

筋肉は20代から年に1%ずつ減り始めます。

20代の頃と体重が変わっていないからと安心するのはダメです。

30代の後半辺りから、体型が変わり始めていませんか?

気付けば胸が下がっていたり、ウエスト周りに無駄肉が付いていたりしませんか?

40代にもなると体重は変わらなくても体型やサイズ、肉質は変化してきます。

原因は筋力低下や、基礎代謝が下がることによる脂肪の蓄積、皮膚の弾力低下が考えられます。

特にお腹周りは元々脂肪が付きやすく、ほかの部位と比べてグンとサイズが増えやすい部分です。

筋肉量を取り戻して、引き締まった太りにくい体にするには筋トレが有効です。

幸いなことに、筋肉は40代になっても増やすことが出来ます。

今回は40代以降の方が筋トレやダイエットをした方がいい理由について書いていきます。

お腹周りに限らず、胸や背中のライン、ヒップはどうでしょう?

大胸筋が衰えると胸が下がってきます。

お尻は大殿筋が衰えて、ヒップが下がりますね。

ヒップも背中も自分では見えにくい部分ですが、他人からはしっかりと見られていますよ!

後姿で年齢が分かってしまうなんて、悲しいことですが、これが事実なんです・・・。

アラフォーにもなると、背中の大きい筋肉(脊柱起立筋や広背筋)が衰えて、正しい姿勢を保つのが難しくなります。

立っている時でも、座った時でも、S字カーブを描いた美姿勢は、筋肉無しでは実現しません。

体型を保つすべての基本が、正しい姿勢にあると言っても過言ではありません。

正しい姿勢を保てるように、筋トレで筋肉を取り戻さないといけませんね。

いわゆるアラフォーになると、自分でも体型の崩れを意識してきます。

ある調査によると、7割以上の方が20歳の頃と比べて太ったと回答しています。

年々じわじわと増え続けた体重は、何かをしないと落とせません。ダイエットが週刊誌やテレビ番組で常に取り上げられるのは、皆の悩みだからでしょうね。

40代になると、年齢と共に基礎代謝も下がっています。

その上、体内のエネルギー代謝に関わる様々な成分も減少します。

更に摂取したエネルギーを消費する筋肉も減少するので、体重増加のスパイラルにはまってしまうのは避けられません。

ではどうするか?基礎代謝を増やすために、筋トレで筋肉を増やしつつ体重を落とす。

つまり、健康的で正しいダイエットを実行しなければいけませんね。

アラフォーは働き盛りの年代でもあります。仕事上でのお付き合いで、飲みたくないお酒も飲まないといけない日もあるでしょう。

仕事や子育てに忙しく、運動不足にもなりがちです。

そんな忙しい人たちでも、食べたり飲んだりしたものが自分の体を作ります。

漫然とした食生活を続ければ、メタボと言う落とし穴が待ち構えていますよ!

食べ過ぎたり飲み過ぎた翌日は、バランスのとれた食事内容を取り戻す努力も必要ではないでしょうか?

ダイエットと言うと、痩せる(体重を落とす)ことだけが目標のように思われがちですが、本来は健康を維持するために食事を見直すと捉えるべきものです。

特に忙しく脂肪も溜まりやすいアラフォー世代だからこそ、しっかりと自分の体をダイエットでリセットすることが大切です。

1日に消費されるエネルギーは次の3種類に分かれます。

食べ物を消化吸収する時に使われるエネルギー、10%〜20%

体を動かす時に使われるエネルギー、20%〜30%

心臓などの臓器を動かしたり体温を維持する為に使われるエネルギー、60%〜70%

この中でも3つめは、寝ていても消費されるエネルギー、つまり俗に言う基礎代謝ってやつですね。

年齢を重ねるとこの基礎代謝もだんだん落ちていきます。

アラフォー世代の人が、食べる量は減っているのに体重が増えると感じるのは、基礎代謝が落ちてきたことに原因があります。

そして、体重を減らすために、焦って食事制限だけの無理なダイエットをすると、筋肉が減ってさらに基礎代謝が落ちてしまったりします。

つまり、客観的に数字で見ても、筋トレなどを行って筋肉を維持しつつ、この基礎代謝を向上させることが引き締まった体や、若さを維持するために大切なのだということが分かりますね。

忙しいアラフォー世代は、早く結果が欲しいものです。

それこそ1週間で2kgぐらい痩せたいですよね?

1ヶ月で5kg痩せないとなんてそんな焦りは無駄です!

今まで40年近く生きてきて培ったのが今の体です。1週間や1カ月では変わりません。

ただでさえ代謝が若い頃に比べて落ちているんですから、尚更ですよね?

そこで焦らずに筋トレを続けていれば、必ず結果は付いてきます。

筋トレはどんなタイプのエクササイズよりも、私たちの体を変えてくれます。

筋トレは1回30分も出来れば大きな効果を実感出来るはずです。

30分が無理でも10分からでも可能です。

そして可能であれば、気分転換にジムなどで見かけるフィットネスメニューをこなせば、脂肪も燃焼して効果抜群です。

まずは筋トレの運動習慣を身に付ける所から始めましょう。

ダイエットをしようと思ったら、まず食事内容を見直しますよね?

自分の体が必要とするカロリーを、食べたカロリーが上回らないようにする。

この必要なカロリーと、摂取したカロリーの差が体重を落とせるかどうかのポイントです。

そこでまず考えるのが、ご飯やパンなどの主食を減らす方法。

摂取する油や糖質を押さえることで、体重減少を目指すダイエットも多いです。

そんな場合でも、20代に比べて基礎代謝が下がっているアラフォーは、とにかく全体の栄養バランスを考えた食事管理をするように心がけましょう。

体重を落とすこと自体は何も問題は無いのですが、バランスを考えて行わないと、筋肉を落としてしまったり、体調を崩してしまうリスクが若い時より高くなっています。

そのためには有酸素運動で脂肪を燃焼させ、筋トレで筋肉の減少を防ぐのが、アラフォーにとって、おすすめな正しいダイエットと言えます。

エクササイズや筋トレの本、そしてDVD等も沢山発売されているので、筋トレは自宅で手軽にできそうですよね?

でもやはり、時々で良いので専門の人に自分のトレーニングフォームをチェックしてもらったり、相談に乗ってもらうことをおすすめします。

特に筋トレの場合、始めたての頃は正しいフォームが身につくまで、トレーナーの方に指導してもらうと良いです。

筋トレは正しいフォームで行うと、とても高い効果が得られます。

自分ではこれが限度と思っても、トレーナーの後一回頑張ってという言葉は本当に的確で、筋肉が一段と鍛えられているのが、自分でも分かりますよ。

正しいフォームを自分のモノにできたと思っていても、いつの間にか自己流に変化しているときもあります。時々トレーナーに見てもらって、修正を掛けてもらうことも同様に効果的です。

若い頃の肉体を取り戻すために筋トレも重要ですが、ストレッチも忘れずに行ってください。

ケガの予防のためにも、体を温めてから筋トレをしましょう。

40代になると20代の頃と比べ、やはり疲労の回復力も落ちています。

筋肉痛を防ぎ、翌日に疲労を持ちこさないためにも、筋トレ後のストレッチでのクールダウンも大切です。

その上、筋トレ後の温まった筋肉をストレッチで伸ばしてあげると、筋トレ効果は19%もアップするという嬉しい報告もあります。

19%アップと言うのは、侮れない数字ですよね?

ストレッチをすると体の柔軟性も増し、若々しい身のこなしを取り戻せますよ。

睡眠時間と肥満の関係を調べた研究があります。

この研究では、睡眠時間が短い人ほど太りやすいという結果が出ています。

これは私たちの経験則からも、何となくうなずける結果ですよね?

遅くまで起きていればお腹も空いて、何かちょっとつまんでしまうことも原因の一つでしょう。

でももっと怖い研究結果が出ています。

実は睡眠は食欲とも深く関わっていて、睡眠時間が短い人の体内には、食欲を抑えるレプチンと言う物質が減り、食欲増進ホルモンであるグレリンが増えることが分かっています。

これは、睡眠不足の人が太りやすいことの重要な裏付けになっています。

「最近太りやすくなったなあ」と思っているあなた、十分な睡眠時間は取れていますか?

いかがでしたか?

アラフォーの人こそ筋トレやダイエットをするべき理由は、そのためのポイントを見てきました。

40代をそろそろ迎えるという人は、早速筋トレやダイエットに取り組んでいきましょう!

tANDt では体験トレーニングを受け付けております。

ご希望の方はtANDt の西村までご連絡ください。

 

東急田園都市線駒沢大学駅徒歩1分
東急田園都市線渋谷駅から電車で7分
東急田園都市線二子玉川駅から電車で6分
東急田園都市線三軒茶屋駅から電車で2分

パーソナルトレーニングスタジオ
tandt (ティーアンドティー)
154-0012
東京都世田谷区駒沢2-6-2
I-TOWER 4F
03-6450-8062

新規会員様募集中
代謝アップ、脂肪燃焼、MVPベルト
セミプライベート、筋トレ
パーソナルトレーニング、姿勢改善
ファンクショナルトレーニング
ストレングストレーニング
成長ホルモン増加、全身運動
スタイルアップ、ダイエット

食事指導、個室、徒歩1分