こんにちは。

tANDt  の西村です。
ミオスタチンという物質を知っていますか?

ミオスタチンは、筋トレを筋肉を大きくする方法として行っている人にとっては、出来れば避けたい存在かもしれません。

というのも、ミオスタチンは筋肉の発達を抑制してしまうから。

つまり、このミオスタチンを如何に抑制するかが、筋肉を大きくする方法として、実は最も効率的でベストなものになるかもしれません。

今回は、ミオスタチンについて、まずミオスタチンとは何なのか?

そしてミオスタチンを抑制する方法とはどのようなものか?を見ていこうと思います。

ミオスタチン(マイオスタチン)は、筋繊維から分泌されるタンパク質。

1997年にアメリカのジョンズホプキンス大学の研究によって発見されました。

このタンパク質は、骨格筋細胞の増殖をコントロールしたり、未熟細胞が骨格筋の細胞に変化することをコントロールしたりする役割を持っています。

筋肉の成長を抑制(管理)し、あまりにも筋肉が異常に発達しすぎたり、何かのきっかけで発生したがん細胞が、すぐに増殖してしまったりすることを防ぐっていうのがその役割。

つまり、ミオスタチンは、筋肉や筋力の過度の成長や、急で過剰な体型の変化を抑制するために働いている、大切なタンパク質の一つなのです。

しかし、筋トレで筋肉を発達させたい場合、ミオスタチンが筋肉の成長も抑制することになり、その結果、思い描いたような筋肉の成長を邪魔している、大きな原因となるタンパク質でもあったりするんです。

基本的に、あまりにも異常に多くのミオスタチンが分泌される場合、筋肉量の減少や筋力の低下などを引き起こします。

そして、激しい筋肉の消耗は、癌やAIDs、筋肉消耗性症候群(ALS)を始め、他にも多くの疾病に関わってくるため、ミオスタチンを抑制することは、これらの疾病の防止効果もあるのではないかと期待されています。

そして、もちろん筋肉の成長を抑制しているミオスタチンを抑えることが出来れば、でかい筋肉を手に入れるための一つの方法となり得る可能性もあるのです。

つまり、筋肉を成長させるポテンシャルを最大限に解放出来るってことですね。

ミオスタチンの抑制が可能になれば、筋肉を圧倒的に大きく成長させる方法が確立されるかもしれません。

ミオスタチンの分泌が人体で遮断された場合、本当に筋肉は大きくなるのか?

その疑問に答える事例が、1999年にベルリンのCharite University Medical Centerで報告されています。

この医療センターでは、当時生まれたばかりの男の子の一人が、母親のお腹の中にいた時からすで異様なほど筋肉を発達させていることに気づきました。

そして検査したところ、ミオスタチンを作る機能が失われていることが発見されたのです。

つまり、この少年は、ミオスタチンの分泌が出来ないために筋肉が異様なまでに発達していると結論づけられたのです。

ではミオスタチンを抑制する方法はあるのか?

ミオスタチンの分泌量は遺伝子が決定する部分でもあるため、未だにミオスタチンを抑制するための確固たる方法というのは確立されていません。

しかし、このミオスタチンの分泌量を低く抑制し、コントロール出来れば筋肉が大きくする方法としても大変有効になってくるはずです。

ここでは、今のところ確認されている、ミオスタチンを抑制するための方法をいくつか紹介していきます。

高負荷で行うウェイトトレーニング、つまり筋トレは、それ自体にミオスタチンを自然な形で抑制するという効果を持ちます。

筋肉にとって十分に負荷の高い筋トレを行うと、筋肉が壊され、筋肉の修復を筋肉は最優先するようになります。

その結果、筋肉の修復(成長)にマイナスの効果を持つミオスタチンの分泌は抑制されていくことになるのです。

このミオスタチンの分泌が減ることで、それまで働きを抑制されていた筋肉の元になる「筋サテライト細胞」の増殖スイッチがオンになり、筋肉が増えていくことになります。

そして、ミオスタチン抑制を目的とするなら、筋肉を十分に刺激するよう、筋肉とって十分負荷がかかった状態で筋トレを行うことが鍵。

そうすることで、効果的に筋肉の修復が始まり、続けてミオスタチン値が下がっていきます。

2004年に報告された研究では、実際に十分に負荷の高い筋トレを行うことが、ミオスタチンの抑制方法として効果的であると確認出来ます。

この研究では、次のような条件で高負荷の筋トレとミオスタチンの効果を突き止めていきました。

  • 18~45歳の健康な男性20人が被験者
  • 10週間に渡り高負荷の筋トレを行ってもらう
  • 腕の筋力・筋肉の増加量・インスリン様成長因子-1(IGF-1)・ミオスタチンを測定
そして、その結果次のような結果になりました。
  • IGF-1には変化なし
  • ミオスタチンは20.3%の減少
  • 逆に筋力は30%の増加
  • そして筋肉量は12%の増加
この研究の中では、十分に高負荷な筋トレによってミオスタチンが減少し、またそれが、筋肉量と筋力のアップにも効果的に繋がっているのが見て取れます。
食事のコントロールも、ミオスタチンの抑制に影響するかもしれません。

まず第一に、ミオスタチンは体が酸性の状態になると、より活性すると言われている。

もちろん、食事によって体が酸性化されるのかどうかというのは議論の分かれるところですが、もしもそうだとしたら、消化・代謝の過程で酸を生成する食べ物(コーヒー、白砂糖、ワインなど)を避けて、アルカリ性の食べ物(野菜、メロン、ナッツなど)を食べて体を非酸性にすると効果があるかもしれないと言えることになったり。

また、同時に短期間のカロリー制限も、ミオスタチンの分泌を抑制させる可能性があることが指摘されています。

しかし、ここで覚えておきたいのが、どちらも動物実験でしか証明されていないということ。

つまり、どちらの方法に関しても、その効果を裏付けるための人の研究が行われておらず、どういった食事をどの程度行えばよいかという点が、すっぽりと抜け落ちているのです。

そのため、食事をコントロールするというのは現在のところ、ミオスタチンを抑制する方法としては現実的でないと言えます。

有精卵の胚盤もまた、ミオスタチン抑制に効果のある、自然に摂取出来る天然食材として認識されています。

しかし、その有精卵を通常のスーパーなどでは手に入れることは難しかったり。

そのため、有精卵を専門で扱うお店や業者を通して手に入れる必要があり、その分コストも高くなってしまうのがネック。

それでも手に入れられるのであれば、天然の食材としてミオスタチンを抑制するパワーを普段の食材の中へ取り組むことが可能になり、筋肉を大きくする方法としての効果を期待出来そうです。

ちなみに、特に気にならなければネット上でも購入可能なので、興味がある人は検討してみるのもありかもしれないですね。

そして、有精卵が持つミオスタチン抑制のパワーをサプリメント化したものとして、現在最も有名なのがMYO-Xというミオスタチン抑制サプリメント。

FLEXによると、アメリカのMHP社が製造するMYO-Xだけが、今のところミオスタチンのレベルを抑制すると医学的い証明されているサプリメントだとされており、実際の実験で、被験者のミオスタチンレベルを12時間にわたって、平均約46%低下させたのが確認出来たと言われています。

そして、同じFLEXの記事によると、MYO-Xの成分は天然成分であり、人体にも安全とされます。

ミオスタチンについて見てきました。

ミオスタチンは、普段は人体にとってとても大切なタンパク質の一種ですが、筋トレとなると話は変わってきます。

特に、筋肉を大きくしたい人にとっては、ミオスタチンの働きというのは出来れば避けておきたいもの。

ミオスタチンを上手に抑制することが出来れば、他のどんなサプリメントよりも、筋肉を大きくしていく方法として効果が高いかもしれません。

今後さらに、ミオスタチン抑制の方法について研究が進むと、筋トレに関して新しい時代がくるかもしれません。

今回はここで終わります。

東急田園都市線駒沢大学駅徒歩1分
東急田園都市線渋谷駅から電車で7分
東急田園都市線二子玉川駅から電車で6分
東急田園都市線三軒茶屋駅から電車で2分

パーソナルトレーニングスタジオ
tandt (ティーアンドティー)

東京都世田谷区駒沢2-1-13

KOMAZAWA関ビル2階

03-5432-9062

新規会員様募集中

代謝アップ、脂肪燃焼、MVPベルト

筋トレ、食事指導

パーソナルトレーニング、姿勢改善

ファンクショナルトレーニング

ストレングストレーニング

成長ホルモン増加、全身運動

スタイルアップ、ダイエット

筋力アップ、リバウンド対策

アンチエイジング

血行促進、基礎代謝アップ

冷え性改善、肩コリ改善

腰痛改善、疲労回復

ボディメイク、ストレス解消