磁気加圧エクササイズ

加圧により流れの良くなった患部に磁気を当てることで効果が倍増する治療健康法です。
あらゆる患部のコリや血行障害に効果があり、成長ホルモンの分泌と体内循環の活性化、その持続に効果が見られます。

磁気加圧エクササイズ | 世田谷区駒沢のパーソナルトレーニング『tANDt』

磁気加圧の特徴【その1】

腕もしくは脚の付け根を締め、血流量を制限した状態をつくります。一見、一般的な加圧とよく似ていますが、磁気加圧は血流量の制限を解除した後に行うという特徴があります。 これにより、体温が上昇し、血液とリンパ液の流れも活発になり、成長ホルモンが大量に分泌します。 磁気加圧法はこの状態でトレーニングや、エステ、マッサージなどを行うため、それぞれの効果を効率的に促してくれます。

加 圧   磁気加圧
乳酸を分泌
成長ホルモンを促進
代謝を上げる
筋肉を作る
アンチエイジング
磁気加圧の特徴【その2】

磁気加圧健康法のもうひとつの特徴は磁石の使い方にあります。
磁石を特定の血管に対して直角に作用させることで体内の体温を上昇、維持を促します。

医学界では代謝の向上や、体温の上昇で、脂肪の燃焼をはじめ、さまざまな疾患にプラスに作用されることが証明されています。

磁気の使用には「血管を締結した状態」と「弛緩させた状態」で作用させる二つの方法があります。
加圧後の使用は血流とリンパ液の流速が上昇しているため、磁気の作用も流速の加速度に二乗して有効となると考えます。
満足のいく結果をだすためには専門の知識が必用となるので、プログラムに関しては資格を有するトレーナーの指導を受けることが重要です。
MVPベルトで磁気加圧を行うには、8ホールプレートに磁気絆創膏を流用して作成したものや愛宕製作所が製造している磁気プレート(商品名マグネットエイト)その他、磁気コルセットに内蔵された磁気プレートなどをポケットに挿入して体験することが可能です。 愛宕製作所が製造している磁気プレート(商品名マグネットエイト)を試験したところ通常の磁気絆創膏にくらべ磁力線の数が10倍程度ありました。したがって磁気絆創膏80個分に相当する作用があるのではないかと考えます。

ViPRトレーニング

『tANDt』では、大注目のエクササイズ「ViPR(バイパー)」を導入しました。
「ViPR(バイパー)」とは個別の身体特性や能力に合わせることのできる全く新しいトレーニングツールです。ストレングストレーニングとファンクショナルトレーニングを組み合わせることで、可能な動きはなんと9000種以上とも言われています。効率的に全身運動を行うことができ、脂肪の燃焼を促進。様々な目的に合わせたトレーニングをサポートをしてくれます。